トイレに落としたスマホの修理

トイレにスマホを落として故障させてしまった話を人から聞くと、大変だったねと言いながらも、トイレに持っていかなきゃいいのにと心の中で思っていました。
ある日、主人と娘と不動産屋へ行きました。
物件を探して貰っている間に、トイレへ行ったときに事件は起こりました。
普段ならリュックに入れておくスマホを、この日は着ていた上着の浅いポケットに入れていました。
そのことをすっかり忘れていた私は、個室に入って便座に座ろうとした瞬間にドボンと何かが落ちる音を聞きました。
慌てて立ち上がると、トイレにスマホが落ちていました。
頭が真っ白でしたが、瞬間的にスマホを拾い上げると、しっかりと水に浸かっていました。
トイレットペーパーで拭き、画面を確認すると、いつもの待ち受け画面が表示されたので、安心しました。
しっかりと動作確認をしたかったのですが、不動産屋さんと家族が待っていたので、そのまま何食わぬ顔で外へでました。
高校生時代の携帯からスマホまで一度も水没させたことのない私にとって、水没からの故障は想定外の出来事でした。
ようやく不動産屋を後にし、主人に告げると「良く平然としていられたね」と言われました。
帰りの車の中でスマホを操作しようとしましたが、画面は付くものの操作が出来ませんでした。
何度も電源を入れたり、落としたりしても全く動きません。
これは修理をするしか道はないと観念しましたが、時間が遅かったので、ショップに行くことも出来ませんでした。
何回も試しているうちに、充電はできるが、電源が入らなくなり途方にくれました。
これでは誰とも連絡を取ることが出来ません。
次の日に開店時間と同時にショップへ行くと、やはり故障しているとのことで代替機を渡されました。
故障をした時の保険に入っていたので、8,000円ほどで済みました。
2週間ほどでショップから連絡が入り、受け取りに行きました。
それ以来、トイレに行く前はスマホを持っていないか確認しています。

コメントを残す