ケータイが故障してしまったと思ったときのエピソード

いわゆるガラケーと呼ばれるケータイが起動しなくなり、どうしたのだろうと不安になってしまったので、相談窓口を調べて問い合わせの連絡を入れてみました。すると、あまりにも長年使い込んでいたために、内蔵されているリチウム電池の電池パックの寿命が来てしまっているとのことでした。

長浜から彦根のiPhone修理店にダメ元でお願いしに行きました

 

確かに、言われてみれば、少し電池パック自体が膨らんで膨張しているようにも見受けられていましたし、だからといって特筆すべきトラブルもなかったのでそのまま使い続けてきてしまったことが良くなかったようです。また、いつも充電器を使ういわゆる過充電によって、本体に熱がこもりやすい環境を作ってしまっていたために、通常よりも早い電池寿命が来てしまったとのことでした。一度限りであれば、無料で電池パックの新しいものを送付してもらえるとのご提案をいただきましたので、申込みを行い、電池パックを交換することで、再び使えるようになり、私のケータイは復活をはたすことになりました。故障であるとか、修理が必要であるという以前に、まずは電池の寿命も考えなければならないということを今回のトラブルを通じて知ることができました。