私のケータイが雪山で反応しなくなり、故障して修理に出した体験談について

■私のケータイが雪山で反応しなくなり、故障して修理に出した体験談について

私は、以前からケータイをしようしておりました。なぜなら、みんながスマホに

彦根の有名な修理店にiPhoneの修理をお願いしに行きました。

切り替える中で、全員が全員スマホであるのが自分の中では嫌でしたので、もともとタップが嫌いなこともあり、しっかりとしたボタン操作ができるケータイを選択し続けました。そこで私は、ケータイで良かったと思えるシーンが到来しました。それは、私が、雪山で遭難ではないのですが、グループで登山した時に、若干この道で合ってたっけ?と言う時に、みんながスマホを取り出して、スマホ画面をタップして情報を仕入れようとした時に、全く寒さとかじかんだ指で画面が反応しなかったのです。相対する私は、ケータイのボタン操作で楽々と、通話もでき、地図アプリも呼び出すことができましたので、こう言う時に役立つと非

iPhoneとiPadの高価買取を彦根のお店でしてもらいました。

常に痛感しました。しかし、前々から調子が悪かったのと、寒暖の差でケータイのボタンが帰ってから埋まったりしましたので、経年劣化と言う形でケータイを修理に出し、同機種で再度ケータイを新調し直すことができました。